夜勤専従看護師 バイト

夜勤専従看護師アルバイトの実態

夜勤専従アルバイトは、看護師から人気の高い働き方といわれています。なぜ、多くの方から人気を集めるのでしょうか。その理由をご紹介いたします。

 

ご存知の通り、看護師は人手が不足する専門職です。特に、女性が多い職場なので、夜勤ができる看護師は少ないといわれています。夜勤ができる看護師が少ない理由は、家事や子育てなどを並行する場合、家庭の理解が必要になるからです。

 

そのため、日勤帯は働けるが、夜勤ができない看護師が多くなります。しかし、病院側は収益を確保するため夜勤ができる看護師を確保する必要があります。そこで採用されているのが夜勤専従看護師です。前述の通り、働き手が少ないお仕事なので待遇が良い傾向にあります。

 

看護師が夜勤専従でアルバイトをすると、かなり良いお給料が得られるはずです。お給料は、夜勤手当を含んだ日給で支給されることが一般的です。つまり、1回の夜勤あたり○○円の支給という形です。

 

支給されるお給料は、勤務する病院や勤務地、仕事内容などにより異なります。1回の夜勤で25000円から35000円程度の支給が平均的な相場といえるでしょう。この範囲内の求人であれば、給与面では働きやすい職場といえそうです。

 

夜勤専従アルバイトの仕事内容は、勤務先により異なります。単発や短期などの場合、部屋持ちをすることはほとんどありません。長期で働く場合は、通常の夜勤スタッフと同じ業務を求められるかもしれません。

 

いずれにせよ、勤務先により内容が異なるので、就職前に確認することをお勧めいたします。また、夜勤アルバイトでは自立した看護師が求められます。スタッフ数が少ない時間帯なので、アルバイトでも即戦力が期待されます。病棟での夜勤経験が必須になると考えたほうが良いでしょう。

 

夜勤専従で働く看護師アルバイトには以上の特徴があります。非常に効率の良い働き方といえるので、勤務に支障がない方は積極的に検討してみるとよいかもしれません。

 

ただし、求人数の割に人気が高い働き方なので、求人をお探しの方は積極的に情報収集する必要があります。看護師求人サイトのコンサルタントなどに相談をすれば、希望する求人を紹介してくれるでしょう。

 

看護師転職サイト