看護師 パート

特別養護老人ホームに勤務する看護師パートの仕事

看護師は特別養護老人ホームでもパート勤務することができます。特別養護老人ホームではどのようなお仕事が必要で、どの程度の時給が支給されるのでしょうか。

 

特別養護老人ホームの特徴は、生活の場であることです。治療の場である病院と比べると、この点が異なります。介護が必要になった方が入所して生活を送る施設なので、病院とは目的が違います。病院勤務しか経験のない方は、この点を理解しておかないと、勤務後に戸惑うことになるかもしれません。

 

生活の場である特別養護老人ホームでは、それほど多くの医療行為は求められません。看護師に求められるお仕事は、日々のバイタルチェックなどを通し利用者の健康を管理する、お薬を管理する、褥瘡などのケアをする、医療機関と連携するなどです。

 

施設によっては胃瘻などのケアを求められることもあります。看護職と介護職の分業が成立している施設が多いので、看護業務に専念できる可能性が高いといえるでしょう。また、医師が常駐していない施設がほとんどなので、急変時などは看護師が必要な判断を行うことになります。

 

一つの施設に多くの看護師がいるわけではないので、パートとはいえ看護師にかかる責任は大きくなるかもしれません。基本的には利用者とゆったり向き合えますが、これらの対応が必要になることもあります。

 

特別養護老人ホームの時給は1400円程度から1800円程度であることが多いようです。地域によって差はありますが、2000円に届くことはほとんどありません。夜勤を求められる職場はほとんどないので、家庭生活と両立したい方などにとって働きやすい職場といえるでしょう。オンコールに関しても、パートが対応を求められることは多くありません。

 

特別養護老人ホームのパート勤務には以上の特徴があります。ゆったりとしたペースで働けるので、家庭生活と両立したい方、病棟勤務に疲れた方などにお勧めです。

 

しかしながら、看護師が少ない職場なので施設によっては働きにくいところも存在します。長く続けられる職場を見つけたい方は、看護師求人サイトのコンサルタントなどに希望の条件を伝え、求人を紹介してもらうとよいでしょう。

 

看護師転職サイト