看護師 パート

パートで働く看護師が知っておきたい社会保険の知識

パートの看護師求人を探している方の中には、社会保険が気になる方もいるでしょう。パート勤務は社会保険に加入できるのでしょうか。その場合、どのような条件が必要なのでしょうか。この点について解説いたします。

 

パートは社会保険に加入できないと考える方が多いですが、現在では一定の条件を満たすことで社会保険に加入できます。一定の条件とは、同じ職場に継続して2か月以上勤務し、常勤看護師に定められた一日の所定労働時間・一か月の所定労働日数の4分の3以上働くことです。以上の条件を満たした場合、事業者が本人を社会保険に加入させることになります。

 

配偶者が社会保険に加入している場合は、労働時間が常勤看護師の4分の3に満たない場合で、年収が130万円を超える場合は、本人が国民健康保険に加入し、国民年金の第一号被保険者となります。同条件で年収が130万円を超えない場合は、配偶者の被扶養者として健康保険や年金に加入することができます。雇用保険に関しては1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上勤務される見込みがあれば加入することになります。パートであっても失業手当を受け取ることができるので覚えておきましょう。

 

以上のように、パートであっても社会保険に加入することができます。家族の扶養に入っている方の場合は、メリットにもデメリットにもなるので働き方を検討するとよいでしょう。看護師求人サイトのコンサルタントに相談すれば、希望する条件に合致する求人紹介のほか、働き方についてのアドバイスをしてくれるはずです。相談は看護師求人サイトに登録するだけで行えます。お悩みの方は専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト