看護師 パート

常勤看護師とパート看護師の違い

常勤しか経験していない方は、パート勤務を誤解していることがあります。誤解したまま勤務を始めると、思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。これからパート勤務を検討している方は常勤看護師とパート看護師の違いを理解しておきましょう。

常勤VSパート看護師-勤務環境の違い

護師の勤務は、常勤とパート(非常勤)に分けることができます。常勤は決められた勤務時間に応じて働く勤務形態です。対するパートは、常勤で決められている勤務時間よりも短く働く勤務形態です。そのため、勤務日数や勤務時間などは常勤に比べて融通が利きやすいですが、時給制や日給制になることが多いので給与面は常勤に劣ります。また、福利厚生面も常勤に劣ることが多いので、この点も理解しておく必要があります。

 

業務に関しては、患者様に対する看護業務は、どの病院でも常勤と同じ水準の仕事が求められます。対する、職員間の役割では、パートに責任ある仕事が任されることはあまりありません。

 

ただし、勤務先によってはこうした役割が求められることがあるほか、常勤と同じレベルの仕事内容や仕事量を任されることがあります。特に、ギリギリの人員でやりくりするクリニックや病棟などではこの傾向が強くなります。

 

パートというと楽な印象がありますが、人手がギリギリの場合、個人の都合が通らないことが多いので注意が必要です。パートを希望する方の多くが、家庭の事情などを抱えているはずなので、勤務を開始する前に業務の内容・どの程度融通が利くかを把握しておかなくてはなりません。

 

以上のように、パートの勤務環境は職場により様々です。家庭の事情などを抱えている方は、その事情が優先できる看護師求人を探したほうがよいでしょう。場合によっては、給与だけ下がって常勤と同じ仕事を求められることもあります。いわゆる「楽」なパート勤務を見つけたい方は、看護師求人サイトをご利用になってみてはいかがでしょうか。以上の環境についてコンサルタントに相談できるので働きやすい勤務先が見つかるはずです。

 

看護師転職サイト

 

常勤VSパート看護師-勤務環境以外の違い

常勤とパートを比べた場合、給与水準以外にも様々な待遇の違いがあります。例えば、福利厚生もその一つです。具体的にどのように違うのでしょうか。

 

福利厚生とは、医療機関などが従業員に対して支給する金銭によらない報酬です。福利厚生を支給することにより、給与以外の面で従業員の経済的保障を手厚くすることができます。そのことにより、働きやすい環境を実現すれば、定着率が高まり、優秀な人材が集まります。この福利厚生の内容は勤務先により異なり、充実しているところとそうでないところがあります。一般的には規模が大きな勤務先ほど充実しているといえるでしょう。

 

福利厚生の代表的な例として、交通費や家賃補助などが挙げられます。医療機関では、看護師寮や保育所などが多く見られます。これらの福利厚生を常勤看護師は利用できますが、パート看護師は利用できない、あるいは利用が制限されることが多いといえます。平成20年に改正されたパートタイム労働法により、給食施設や休憩室など健康を保って働くための福利厚生施設や業務を円滑に遂行するための福利厚生施設は利用できるところが多くなりましたが、それら以外は待遇に差があることが一般的です。

 

以上のように、常勤看護師とパート看護師では福利厚生面で待遇に差があることが多いといえます。自分には関係がないと考える方がいるかもしれませんが、福利厚生にはボーナスも含まれます。福利厚生が充実している看護師求人では、パートであってもボーナスが支給されるものもあります。充実した待遇を受けたい方は、看護師求人サイトのコンサルタントに相談するとよいでしょう。ボーナスが支給される看護師求人など、魅力的な勤務先を紹介してくれるはずです。

 

看護師転職サイト